消費者金融と返済プラン

トップページ > 消費者金融と債務整理
<消費者金融と債務整理>
消費者金融の債務整理には四つの方法があります。まず一つ目の消費者金融の債務整理の方法としては任意整理という方法があります。これは消費者金融でお金を借りた人の収入の範囲の中でこれからは借金を返済できるように、借金を減らしたり、金利を減らしたり、分割で支払っていくように交渉をして、示談で解決をさせるという方法で、消費者金融と本人同士の話し合いではなくて、弁護士が間に入って交渉をするケースが一般的です。きちんと話し合ったうえで、なんとか和解して合意して、無理なくこれからも消費者金融へ返済していきたいと思っている人にとってはぴったりの方法だと思います。そして消費者金融の債務整理の方法の2つ目としては個人再生手続きというものがあります。これは消費者金融から借りた人が個人再生手続き開始の申し立てをして、基本的には3年間に決められた額を弁済するというプランを立てたうえで、再生計画案が裁判所で許可されれば、再生計画通りに返済をしていくのであれば、残っている債務は免除してもらえるという方法です。会社も家も、今持っている自分の資産を守ってゆっくりと時間をかけて消費者金融に返済をしたいと思っている人や、保証人がいる場合に保証人にはかかわってほしくない場合にはいい方法です。 そして消費者金融の債務整理の方法として特定調停があります。裁判所の調停委員が消費者金融と本人の間に入って借金を利息制限法によってきちんと計算をし直して、元金を減らして利息を減らすなどの話合いをして、返済していくというものです。自分でこれは行えますから他の方法に比べると安くあがるのですが、直接消費者金融と自分とで交渉しなければいけませんし、任意整理をするほどは債務の減額はできないということもありますから、場合によっては司法書士に頼んだ方がいいということもあります。そして自己破産という方法があります。消費者金融でお金を借りて自己破産した人がいるという話はよく聞いている人も多いのではないでしょうか。裁判所に自分で破産宣告の申し立てをしてすべての財産を放り出したうえで消費者金融に分配されて、そして借金をなくしたうえで新しい人生をスタートさせるという方法です。消費者金融での債務整理にはこの四つの方法がありますが、このほかにもおまとめローンを利用するという方法もありますし、過払い請求という方法もありますから状況に合わせて利用するといいでしょう。

Copyright(c) 消費者金融と返済プラン. All right reserved.